故人が亡くなられてから喪主さまや家族の方々の手で
行わなければならない名義変更や、ご挨拶などをまとめてみました。
七日ごとに故人を供養する法要を行い、四十九日に行う法要を忌明け法要といいます。
三十五日を「中陰」、四十九日を「満中陰」ともいいます。
法要のあとに納骨を行うことが多いようです。
位牌・墓地、墓石・会食場所など、準備することがたくさんありますので、早めにとりかかりましょう。

忌明け法要の準備

●寺院への連絡

なるべく早めに連絡し、法要の日時を決めます。納骨をつづけて行う場合は、石材店への連絡も忘れずに。

●法要の連絡・ご案内

出席者の数が多い場合には印刷物などで対応します。※会食の手配もありますので、遅くとも2週間前には出欠の返事をいただけるように。

●仏壇の準備(開眼法要)

(開眼法要=新しく仏壇を購入する場合は、開眼法要を行います)

新たに購入する場合は四十九日までに購入するのが一般的です。

●ご会食場の予約

●お引き物の準備

●墓地墓石の準備

(開眼法要=新しくお墓を建てて納骨をする場合は、納骨法要とあわせて開眼法要を行います)

新仏の場合、お仏壇、墓地、墓石を一度に揃えるのが困難な場合、なるべく早くお仏壇を揃え、墓石は一周忌までに建立することを目安に墓地をご選定ください。

●本位牌の手配

白木の位牌は四十九日に菩提寺に納めます。

●香典返しの準備

忌明け後を目安に贈ります。(当日返しの場合はありません)
メールでのお問合せ
Copyright (C) 2008 Fusokikaku Corporation. All Rights Reserved.