一般葬のところで、「家族葬」とはごく身内のかただけで行われるものであるということを述べました。
ただ、一概に「人数が少ないから『家族葬』」とは言えません。

また、一方で家族葬の特徴は予算が安く済むということも事実ですが、やはりそれだけではありません。
たとえば、身内のかたがお亡くなりになった時に、
故人の遺志として、「あまり盛大なものにしたくない」という希望がある場合はどうでしょうか。

また、亡くなられた故人が有名な方であったとして、なるべくひっそりと行って欲しいと遺言があった場合はいかがでしょう。
現代の葬儀のなかで「家族葬」が増えているのは、単純に予算だけの問題ではないようです。

ただ、気をつけていただきたいのは、「家族葬」で行うということを周知徹底していないと、
あとあと困ったことが起きてくるようです。

たとえば、突然遠方の方から「香典」が送られてくる。

また、
商店街で営業しているお店に
「昔、お世話になったものです」
とお葬式が終わったあとで、連日何人もの弔問客が訪ねてくる。

「どうして教えてくれなかった。一目お会いしたかった」
とお叱りの言葉をいただくこと。

上記のお話はいずれもが実際にあったものです。家族葬で行う場合でも後日葉書などによるご挨拶は必要だと考えるゆえんです。
メールでのお問合せ
Copyright (C) 2008 Fusokikaku Corporation. All Rights Reserved.